株式会社ヤマウ

ガードクリフ

ガードクリフ

特 長
製品CG
・端部用として L=1500 もご用意しています。
  1. 従来のL型擁壁とガードレール基礎を一体型にすることにより、大幅なコスト削減と施工の短縮ができます。
  2. L型擁壁の上部にガードレール基礎を設ける事により、幅員の確保は勿論、フェンス穴やガードパイプ穴としても利用できます。
  3. 縦断勾配は15%まで対応できます。
  4. カーブ対応タイプも用意していますので、現場に合せた施工ができます。 (外カーブ 最小半径 R=15m)
  5. 衝突荷重に対する擁壁の強度の安全性を確認するため、実物構造実験を行いました。
  6. 『道路土工 擁壁工指針』 及び『 防護柵設置基準・同解説』 に準拠しています。

標準型

●適用条件

道路の区分 設計速度 一般区間 適用区分
高速自動車国道 80km/h 以上 A種 ×
自動車専用道路 60km/h 以上 A種 ×
その他の道路 60km/h 以上 B種
50km/h 以上 C種
施工手順
※注 参考文献:「プレキャストL 型擁壁設計施工マニュアル( 案)」四国地方整備局

●衝突荷重載荷試験

『道路土工 擁壁工指針』に示してある防護柵の衝突荷重30kN(B・C種)に対して、ガードクリフ部材の耐力確認。

■要領:ガードクリフのH-1750(L=2.0m)3 本を連結し中央の製品にガードレール支柱を設置する。支柱に水平に30kNの荷重を作用させ、たわみ量、荷重の分布状態などを測定。


●載荷試験状況
施工写真

お急ぎの場合は最寄の営業所にご連絡ください。

事業所案内はこちら

お気軽にご相談ください。

お問い合わせフォーム

製品の詳細情報の閲覧やCADデータ等を
ダウンロードする事ができます。

CADデータダウンロード
ページのトップへ