採用情報

  1. TOP
  2. 採用情報
  3. 採用ブログ
  4. コンクリートってどんなもの??

コンクリートってどんなもの??

  • 新卒
  • 中途
  • コラム

こんにちは。
ヤマウ新入社員の正久です。

私は,大学院でコンクリートについて研究をしており,
自分の持つコンクリートの知識を生かしたいと思い
ヤマウに入社しました。
ヤマウでは文系・理系ともに活躍しており,
入社して初めてコンクリートについて学ぶ方も多くいます。
そこで,今回は少しでも就活のお役に立ててもらえればと思い,
コンクリートについて少しお話ししたいと思います。

まず,コンクリートがどのような材料からできているかから
お話ししたいと思います。
コンクリートは,『セメント・水・砂・砂利』からなっています。

ここで「コンクリートとセメントって同じものじゃないの?」と
思った方はいませんでしょうか?

セメントは灰色の粉末であり,セメントと水が
化学反応(水和反応)することによってコンクリートが
硬化するのです。セメントはコンクリートの原材料であり,
コンクリートはセメントを原材料にして作られたものなのです。
次に,砂・砂利を入れる理由ですが,
これは乾燥による収縮を抑えるためにあります。
乾燥による収縮はコンクリート内の水分が蒸発することによって
体積が減少してしまうことにあります。
例えるなら風呂上がり後に乾燥すると肌が突っ張ることがありますが
あれも乾燥による収縮なのです。
そこで砂と砂利を入れることによってセメントと水の割合を減らし
乾燥による収縮を抑えることができます。

また,セメントを原材料に使用するものにはコンクリートのほかにも
セメントペーストやモルタルというものが存在します。
セメントペーストは,『セメントと水』のみで作られたものであり,
モルタルは『セメントと水と砂』で作られたものです。
コンクリート・モルタル・セメントペーストは用途によって
使い分けがされています。
コンクリートは構造物の基礎や柱,ダムなど大きな外力に
耐えなければならないものに使用されます。
モルタルはレンガなどの接着材,外壁などの仕上げに使用されます。
セメントペーストはタイルの下地,ひび割れの補修材などに
使用されます。

いかがでしたでしょうか。
今回はコンクリート材料についてお話してみました。
大きな構造物から小さな補修まで用途によってそれぞれ使い分けています。
これら以外にも,同じコンクリートでも気温などによって材料の配分を
調整することで対応しています。
コンクリートは単純そうに見えて意外と奥深いものです。

コンクリートに興味ある方は,コンクリート製品メーカーである
私たちの事業についても知ってもらえると嬉しいです。